決断

私は人生で一度だけ、大きな決断をしたことがある。

 

 

高校三年生の4月、

私は今まで目指していた医者という道をやめて、看護師志望にした。

その理由は、当時所属していた吹奏楽部で、夏のコンクールに出場したいからであった。

進路別のクラス分けも決まっていた。

高いお金を払って塾にも通っていた。

全てをやめて、私は両親に土下座して部活をやらせてくださいと頼んだ。

 

 

 

 

日本人には吹奏楽部員がとても多いので、この気持ちがわかる人は多いと思う。夏のコンクールは、いつも遠い夢であり、希望であり、挑戦であった。

 汗がスーッと引いてくようなあのホールの冷房

部員全員でゴールド金賞を誓い合ったリハーサール室

先生と1人1人握手した舞台裏

先生が指揮台に上がまた瞬間ライトがひかり、もう先生しか、仲間しか見えないあの舞台

最後の音がホールに響き渡るあのかんじ

演奏後のあっつい外で食べたアイス

結果発表までソワソワして他の団体を聞いたこと

講評がいつもやたら褒められて自信なくすこと

会場全員でゴールド金賞を願うあの瞬間

はち切れんばかりの歓喜の声と涙

 

幸せすぎたあの夏休み

高校三年生の夏、毎日5:00に起き23時に帰る生活をしていたのにあの頃の日記には毎日、幸せすぎると書いてある。

 

 

 

そして、いま、全てを忘れたかと思っていたけど、なんでかいまでも鮮明に思い出せる。いまでも涙が溢れてしまう。

 


私は吹奏楽が大好きだった。

 

 

あのときの決断は間違っていなかった。

思い出して泣けるような宝物が私にはある。

それが嬉しくてたまらない。

 

くも膜下出血

友達が卒業研究としてくも膜下出血の患者の家族看護を研究するそうで。

 

脳卒中のうち、出血性のもので脳動脈瘤の破裂によるものがくも膜下出血

1/3が死亡し、1/3が意識障害、なんらかの身体障害を抱えるらしい

 

 

世の中にはたくさんの病気があります…

髄膜炎がわからん

今日は11時から23時までバイトでしたので1問だけ。

 

第106回看護師国家試験

午前 必修13:胸痛をうったえるのはどれか

1 髄膜炎

2 腎結石

3 急性心筋梗塞

4 メニエール病

 

 

いや、当てずっぽうで急性心筋梗塞ってことくらいわかるけど、復習してみて一言

わたし、脳のこと全く知らないし、腎機能も怪しいし、メニエール病気ってなんの病気か検討もつかない・・・

 

今日の30分だけで得られてかつ覚えている情報のみ載せます。

 

脳実質は3つの膜でまもられていて、硬膜、クモ膜、軟膜らしいんだけど、主にそのクモ膜と軟膜の間(くも膜下腔)になんらかの細菌やウイルスに感染した状態が髄膜炎らしいです

頭蓋内圧亢進症状や髄膜刺激症状が主な症状だそうです。新生児と乳児にも髄膜炎はおおいらしいけどその原因となる菌がそれぞれ割合が違うらしいです。

 

腎結石は、腎臓から尿道までの間に結石が招じる。腎下部疝痛があるらしい。疼痛緩和するらしい。

 

メニエール病は耳の病気、リンパのなんか異常

めまい発作、難聴、吐き気とかが起こるらしい。

 

以上!!!

 

 

 

 

やっぱりなかなか覚えられないですわーー

でもただ1から解剖生理を勉強し直すよりかは、うわ、これもあれもしらないってなって、同じ解剖生理でもいろんな視点から何度も見直し勉強するからこの方法、めっちゃ時間かかるけどいいんじゃないかねえ。

 

MVP;医療費は40兆円

ようやく看護師国家試験の勉強を始めた。

 

厚切りジェイソンが、日本人は真面目すぎて、自分で高い壁をつくって、こんなの越えられないよって嘆いている。もっと低くして毎日超えてたほうがずっといい。

っていってたので、勉強法やらなんやらガチガチに決めてからはじめるのをやめて、とりあえず第106回の国家試験のときなおしからはじめることにした。

 

有訴者率は30%くらいなんだなー

性器クラミジア感染症ってstdの中で一番多いんだなー

国民医療事務40兆円も使ってるんだー

介護保険の第1号と第2号逆かと思ってた、

介護保険って第1号被保険者は生活保護うけてると適用されないんだー

看護師の届出間隔なんて知らないけど2年らしい

体重2倍が3ヶ月、体重3倍が1歳

医療法とか知らない・・・特定機能病院はセンター病院ね

喀血、副鼻腔炎からのが多いらしい。気道って鼻腔から細気管支までとか、知らなかった。

 

覚えることの多さにびびってますがまだ7月。ハードル下げまくってやっていきます。

覚えてる

ちょっと昔のことを思い出した

 

高校3年生のとき、出席番号で座ると席が隣になる人がいました。

 

バスケ部で、ほとんど女の子とはしゃべらないけどバスケ部の女子とは仲良い男の子

 

数学のテストで間違えると悔しがっていました

 

プリントはビジネスマンが使うようなしっかりした、かっこいいファイルに几帳面に閉じていました

 

 

気になっていました

 

 

卒業式の日、打ち上げ会場でほとんど初めてしゃべりました。全然シャイで無口じゃないのです。

 

一年間隣にいて気がつきませんでした。

 

 

もっとあなたと話したかった

コウノドリ

私はとても熱中しやすい性格で、
何にでも影響受けますし、ハマったらそれしか見えなくなる傾向にあります。笑
この投稿は最近ハマったものについてです。

遅ればせながらコウノドリを見ています。
ネットの評価だと、啓蒙的すぎるとか、ドラマ仕様にしすぎているとかありましたが、
なんでも訴訟されてしまう今、産科スタッフからのメッセージと現実を描いてるドラマだと思いました。

今月頭、母性ゼミに配属が決定しました。
いつもの実習とは違う感じで新鮮だから、楽しそうだから選んだと思います。多分。
理由はあまりはっきりしてません。

でもコウノドリを見た今、
奇遇にも自分にはまたお産に関われる機会があるこの状況が嬉しくてたまりません。

女性がお産に関われる方法は2つしかありません。
自分が産むか、産科関係の職につくか、です。
しかも自分が産んだ場合、あの、ものすごい瞬間を見ることはできないんです。
前の投稿にも書きましたが、想像を絶するエネルギーで、お母さんと赤ちゃんが共同作業を行うのがお産でした。
人生の中で、あれほど衝撃的で感動した経験はまだありません。それをまた見たいがために、ゼミを選んだのかもしれないです。

助産師になるかは、まだあえて決めていません。
決めるときっと四年生の成人、老年、小児の実習に行きたくなくなってしまいます(笑)

本当のところは慢性期も急性期も看護し、オペ看にもなっちゃうスペシャリストを目指す覚悟がまだできていないからですね。

看護の実習では順調なお産しか扱わない為、ドラマのような状況に立ち会うことはほとんどありませんが

どんなお産も奇跡
生まれてきておめでとう

というコウノトリ先生の(笑)言葉を胸に

ゼミは頑張って、進路選択していかなきゃな〜と思った一月でした。

2017、考えたいこと

2017年になりました。

今年は大学四年生です。やることがたくさんあります。

 

実習、卒論、ゼミ、国試(入試)

みんなの目標を聞いていると、実習頑張る、国試頑張る、看護師になるとか。

 

でも、私は勉強すれば国試には合格するし看護師にもなれると思っています。

それをわざわざ一年重きを置いて生活したくないな、と思いました。

 

 

でもなにをしたいのかと言われるとなにがしたいのかはっきり答えることができません。

目的より手段を先に要求してしまっているのかもしれません。

カメラが欲しい

免許とる

1人旅行にいく

友達と旅行する

 

これは趣味でしょうか。

カメラが欲しいのは写真を撮りたいから。じゃあiPhoneでいいのでは。

免許とるのがめんどくさい。じゃあ取らなくてもいいのでは。

旅行するにはお金がかかる。手続きがめんどくさい。じゃあ知ってるところに行けばいいのでは。

 

こうやって反発する声があります。

 

 

 

 

でも、やってみなきゃなにも起きないですしきっと徒然なるままにバイトして授業うけて実習して卒論書いて、看護師になってしまうでしょう。

私はそういうタスクに縛られた生活を送りたくない。

 

看護の、教科書にガチガチに固められた価値観の中、教科書に書いてあることをそのままやって行って、看護師になりたくない。

 

 

 

私の知らない世界を知った瞬間、

あー、そうだったんだ、と思った瞬間が1番心が動く気がします。

 

 

そんな体験をたくさんしたいと思います。