看護大学4年生のブログ

こんにちは。閲覧ありがとうございます☻看護大学4年生、来年度は助産師専攻科に進学をします。

決断

私は人生で一度だけ、大きな決断をしたことがある。

 

 

高校三年生の4月、

私は今まで目指していた医者という道をやめて、看護師志望にした。

その理由は、当時所属していた吹奏楽部で、夏のコンクールに出場したいからであった。

進路別のクラス分けも決まっていた。

高いお金を払って塾にも通っていた。

全てをやめて、私は両親に土下座して部活をやらせてくださいと頼んだ。

 

 

 

 

日本人には吹奏楽部員がとても多いので、この気持ちがわかる人は多いと思う。夏のコンクールは、いつも遠い夢であり、希望であり、挑戦であった。

 汗がスーッと引いてくようなあのホールの冷房

部員全員でゴールド金賞を誓い合ったリハーサール室

先生と1人1人握手した舞台裏

先生が指揮台に上がまた瞬間ライトがひかり、もう先生しか、仲間しか見えないあの舞台

最後の音がホールに響き渡るあのかんじ

演奏後のあっつい外で食べたアイス

結果発表までソワソワして他の団体を聞いたこと

講評がいつもやたら褒められて自信なくすこと

会場全員でゴールド金賞を願うあの瞬間

はち切れんばかりの歓喜の声と涙

 

幸せすぎたあの夏休み

高校三年生の夏、毎日5:00に起き23時に帰る生活をしていたのにあの頃の日記には毎日、幸せすぎると書いてある。

 

 

 

そして、いま、全てを忘れたかと思っていたけど、なんでかいまでも鮮明に思い出せる。いまでも涙が溢れてしまう。

 


私は吹奏楽が大好きだった。

 

 

あのときの決断は間違っていなかった。

思い出して泣けるような宝物が私にはある。

それが嬉しくてたまらない。